<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2012年 01月 24日

インフルエンザの症状と治療

高知でインフルエンザにかかる方が急増しています。

咳、咽頭痛や鼻汁に加えて、高熱(通常38℃以上)、全身倦怠感、関節・筋肉痛、嘔吐など、全身症状もみられるのが特徴ですが、成人では、来院時37℃台の熱の方も時におられます。日本臨床内科医会から、昨シーズンのインフルエンザの全国調査結果が報告されていますが、65歳以上の高齢者では、最高体温38.5℃以下の方も多く、B型では38℃以下の方も少なくないとのことです。

現時点で有効とされているインフルエンザの治療薬には、下記のものがあります。48時間以内に治療を始めれば、治療しない場合に比べて早く回復すると言われています。
①タミフル(錠剤、小児ではドライシロップ):1日2回5日間内服
②リレンザ(吸入薬):1日2回5日間吸入
③イナビル(吸入薬):初回1回吸入のみ
④ラピアクタ(点滴薬):15分間点滴(1日1回、多くは初回のみ)

熱が下がるまでの平均解熱時間は、薬剤間で大きな違いはなく(A型の場合④が若干短いかもしれない)、B型ではA型より治りが遅い(平均36-40時間)と報告されています。10代の方はタミフルが使用しにくいので吸入薬、小さなお子さんは吸入が確実でないのでタミフル、仕事が忙しいなど1回で済ませたい方はイナビルを好まれる傾向があるようです。ちなみに、薬剤費用は、④>③>②>①(処方・処置料や調剤料除く)の順となっています。
当院では、患者さんのご希望を聞いた上で対応しています。


*************************************************
大川内科
循環器内科・内科・老年内科
〒780-8006
高知県高知市萩町1丁目6-52
FAX 088-855-7717
FAX 088-855-7727
大川内科HPへP
メールでのお問い合わせ
*************************************************
[PR]
by ookawa-naika | 2012-01-24 18:40 | お知らせ

2012年 01月 18日

2012インフルエンザ流行

全国的にインフルエンザが流行期に入ってきたようです。国立感染症研究所のまとめでは、現時点ではA香港型が中心で、1月第1週に限ると成人の方も65%程度を占めるとのことです。昨年12月前半までは、高知は他県に比べて流行が遅れている印象でしたが、最近は、近隣や当院でもインフルエンザと診断される方が増えてきているようです。
最近はインフルエンザ治療薬も、従来のタミフル(錠剤)やリレンザ(吸入薬)のほかに1回ですむ吸入薬や重症例のための点滴薬など選択肢が増えてきましたが、かからずに済むのが一番です。インフルエンザウイルスが増殖しやすい乾燥、寒さの状況が続いており、外出時の手洗い、うがいや咳エチケット(マスク)など予防をこころがけるようお勧めいたします。
厚生労働省Press Release

*************************************************
大川内科
循環器内科・内科・老年内科
〒780-8006
高知県高知市萩町1丁目6-52
FAX 088-855-7717
FAX 088-855-7727
大川内科HPへP
メールでのお問い合わせ
*************************************************
[PR]
by ookawa-naika | 2012-01-18 22:15 | お知らせ

2012年 01月 04日

2012謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

先月は、教会でクリスマスのお祝いがありました。私の2歳の子どもも劇に出たり、ダンスをしたり、プレゼントをもらったり、とにぎやかで楽しい12月でした。12/16には高知市民クリスマスがあり、料理には生き方が現れる、1つ1つに心をこめておむすびを握るという佐藤初女先生のお話に心洗われる思いがしました。また、12/19には、私が大学生の時にクリスチャンサークルでお世話になり、その後、三浦綾子読書会を全国に展開して来られた長谷川与志充先生が、当院を訪問し励ましてくださいました。

さて、昨年は絆(きずな)がキーワードとなり、人と人のつながりの重要性が意識された年でしたが、地域医療においても、コミュニケーションを大切にし、人と暮らしを通して健康の増進をはかっていくことの意義を再認識しました。今年も問診と診察を重視するとともに、検査を行ったりお薬を処方するだけでなくその意味と生活上の注意点を十分に説明することをこころがけていきたいと思います。

寒い季節、風邪やインフルエンザに伴う心臓病や呼吸器疾患の悪化、寒暖の差に伴う血圧の変動や心筋梗塞や脳卒中の発症が心配されます。12月半ばから、インフルエンザA型陽性と診断される患者さんが、当院外来でも時々みられるようになりました。外出時のうがい、手洗い、マスクなどをこころがけ、お風呂場や脱衣場を暖かくするなどして、冬場を乗り切ってくださいね。よい一年となりますように。


*************************************************
大川内科
循環器内科・内科・老年内科
〒780-8006
高知県高知市萩町1丁目6-52
FAX 088-855-7717
FAX 088-855-7727
大川内科HPへP
メールでのお問い合わせ
*************************************************
[PR]
by ookawa-naika | 2012-01-04 14:23 | お知らせ
 
COPYRIGHT (C) OOKAWA NAIKA ALL RIGHTS RESERVED.