2012年 06月 21日

春の健康教室2012:心肥大・心筋症

6月18日(月) 、心肥大・心筋症についての院内勉強会を開催させていただきました。台風が近づくなか、お集まりいただいた皆様、どうもありがとうございました。

心肥大は、心電図異常など健診で見つかる異常の一つです。高血圧に合併する心肥大が多いとは思いますが、肥大型心筋症や拡張型心筋症のような、心不全や突然死につながる病気が見つかることもあります。循環器内科で心エコー検査による診断を受け、適切な治療を受けることが大切です。

心筋症は、私が大学病院に勤務していた頃の研究テーマでした。多くの肥大型心筋症患者さんの心エコー検査や病状経過をみさせていただくなかで、肥大型心筋症は、病態が多様で、一生の間に徐々に変化していく病気であり、一人一人の病状にあわせて治療法を考えていく必要性を実感しました。また、私が医師になった時期は、β遮断薬が慢性心不全の治療に有効であることが分かり、現場で積極的に使われるようになった頃であり、治療によって心機能が改善した拡張型心筋症の方をいろいろと経験しました。遺伝子診断、薬物治療、植込み型除細動器(ICD)や心臓再同期療法(CRT)など、医学の様々な進歩により、心筋症の診療はこの25年で飛躍的な発展をとげたように思います。

さて、7月、8月は、勉強会をお休みさせていただき、9-11月に、「動脈硬化」をテーマに3回の勉強会を予定しています。今回の勉強会はやや専門的になりすぎたかもしれませんので、秋には、一般的な話題を分かりやすくお話できるように準備したいと思っています。


*************************************************
大川内科
循環器内科・内科・老年内科
〒780-8006
高知県高知市萩町1丁目6-52
TEL 088-855-7717
FAX 088-855-7727
大川内科HPへ
メールでのお問い合わせ
*************************************************
[PR]
by ookawa-naika | 2012-06-21 09:28 | 医療コラム
COPYRIGHT (C) OOKAWA NAIKA ALL RIGHTS RESERVED.