2012年 05月 21日

春の健康教室2012:心房細動

5月14日(月) 、心房細動についての院内勉強会を開催させていただきました。今回も、雨模様で残念でしたが、多くの方々が聴きに来て下さり、ありがとうございました。

心房細動は、不整脈(脈の乱れ)の一つで、「全くばらばらの脈」を特徴とし、高齢者に多い病気です。脈が速くなりやすいことから、動悸(どきどき)や息切れなどの症状が出る場合もあります。怖いのは、心臓の中に血栓(血のかたまり)を作って脳梗塞を起こす点です。脳梗塞の4分の1は心房細動を主な原因とする心原性脳塞栓症と言われており、心房細動の患者さんは、脳梗塞のリスク評価を受けて、脳梗塞の予防をしっかり行うことが大切だと思います。

心房細動は、最近の医学の進歩が著しい分野で、21世紀になってその治療方針も変化しつつあり、患者さん一人一人の必要に合わせたテーラーメード治療が求められています。
これまでの脳梗塞予防は、納豆・クロレラ・青汁などの食事制限が必要な、ワルファリンというお薬が中心でしたが、食事制限を必要としない新しい抗凝固薬の登場により、選択肢が増えました。ただし、高齢者や腎機能の悪い方には注意して使う必要があります。
また、不整脈の薬や電気ショックを用いて心房細動を普通の脈に戻す治療を選ぶのか、心拍数を調節しながら心房細動とつきあっていく治療がよいのか、あるいはカテーテルアブレーションによる根治を目指すのか、これも大きな問題です。それぞれの治療方法の利点・欠点を踏まえて、最終的には、心電図ではなく、患者さんを治すこと、を目標に対応しています。
次回は「心肥大・心筋症」についての勉強会を、6月18日(月) 18時30分~19時30分に予定しています。


*************************************************
大川内科
循環器内科・内科・老年内科
〒780-8006
高知県高知市萩町1丁目6-52
TEL 088-855-7717
FAX 088-855-7727
大川内科HPへ
メールでのお問い合わせ
*************************************************
[PR]
by ookawa-naika | 2012-05-21 17:51 | 医療コラム
COPYRIGHT (C) OOKAWA NAIKA ALL RIGHTS RESERVED.