2011年 08月 23日

夏の健康教室2011:糖尿病はなぜ怖い?

8月22日(月) 糖尿病についての院内勉強会を開催させていただきました。ちょうど始まる1時間ほど前から雨が降り始め、あいにくのお天気でした。それにもかかわらず聴きに来て下さった方々も多くおられ、本当にありがとうございました。

日本で増え続ける糖尿病について、診断基準、さまざまな合併症、治療、心筋梗塞の予防、境界型糖尿病の意義、糖尿病を予防する生活習慣、低血糖の怖さとなど、お話させていただきました。準備をしながら、糖尿病という病気の奥の深さ、幅広さを、あらためて実感しました。以前に比べて糖尿病薬の種類も多くなり、当院でもインスリンやインクレチン関連薬を使用される方も増えてきました。そのような中でも、食事、運動療法の重要性は変わることはないと思います。

一方、循環器の領域では、いわゆる糖尿病予備軍の段階で、急性心筋梗塞などの虚血性心疾患にかかられる方も少なくありません。虚血性心疾患の予防には、血糖のコントロールのみならず、脂質、血圧の管理、禁煙、食事・運動療法など多面的な動脈硬化の予防対策が必要になってきます。これからも動脈硬化性疾患の予防に積極的に取り組んでいきたいと思っています。

10~12月は、心臓病をテーマに健康教室を開催する予定です。冬場なので、木曜日の午後など昼間の時間帯を考えています。詳細は、またお知らせいたします。

*************************************************
大川内科
循環器内科・内科・老年内科
〒780-8006
高知県高知市萩町1丁目6-52
TEL 088-855-7717
FAX 088-855-7727
大川内科HPへ
メールでのお問い合わせ
*************************************************
[PR]
by ookawa-naika | 2011-08-23 13:57 | 医療コラム
COPYRIGHT (C) OOKAWA NAIKA ALL RIGHTS RESERVED.