2011年 08月 06日

画期的な心臓の聴診の本が出ました

聴診で判る情報には非常に多くのものがあり、何より医師の身一つで瞬時に診断できる、という点から診察の土台と言うべきものと思います。しかし、聴診器は医師のシンボルとされながらも、聴診技術を効率的に習得するのはなかなか難しいというのが実情でした。

今回、「デジタル心音図との対比で学ぶ心臓の聴診」という本が、金芳堂から出版されました。古くからある聴診という診察の基本技術を、デジタル心音図という新しい機器を用いて、わかりやすく解説した本です。筆頭著者の山崎直仁医師は、私の研修医時代の指導医であり、身体診察の仕方、医師としての基本姿勢を教えてくださった先生です。研修医の頃、心臓の音を録音したテープを毎日ヘッドホンで聴きながら寝た、というエピソードを持つ、身体診察法の習得とその教育に情熱を傾けてきたドクターであり、高知大の老年病科では、山崎先生による心音のレクチャーが毎週あって、1週間の間に山崎先生が集められた心臓の音を、「目からウロコ」の講義と一緒に聴かせていただいたのを思い出します。

全編カラーで、デジタル心音図で客観的(視覚的)に聴診内容を確認しながら、DVDで心音、心雑音を繰り返し聴くことができます(DVDはイヤホンもしくはヘッドホンを使用して聴くように)。また、従来の入門書(テープやCD)は、1つの疾患につき代表的な(きれいすぎる)音しか収録されていないものが多かったのですが、この本は、実際の現場で集められた様々なバリエーションが75症例もあって多彩です。随所に散りばめられた金言の数々、学生や研修医にもよく分かる簡潔な説明と美しいレイアウト、循環器の玄人もうならせる豊富な症例とレベルの高い解説、が見事にマッチされていて、大変勉強になります。医学生、研修医、循環器に携わる医師にお薦めの一冊です。

金芳堂HPへ

e0228813_141479.jpg

****************************************
大川内科
循環器内科・内科・老年内科
〒780-8006
高知県高知市萩町1丁目6-52
TEL 088-855-7717
FAX 088-855-7727
大川内科HPへ
メールお問い合わせ
****************************************
[PR]
by ookawa-naika | 2011-08-06 14:04 | 医療コラム
COPYRIGHT (C) OOKAWA NAIKA ALL RIGHTS RESERVED.